I can read! 読めるようになる

「立った!」「歩いた!」子どもの成長は驚きと喜びがいっぱいです。

おうち英語・親子英語・バイリンガル子育てをしてきたので、子どもがおしゃべりをはじめた後は、「日本語」と「英語」の発話があり、バイリンガルゆえにバイ(倍)の感動を味わえたな〜と娘が高校一年生となった今、思います。

子どもが文字を読み始める、文章を読む、本が読めるようになる、これは大きな成長のステップです。「どうやったら読めるようになるんだろう?」と実は子育ての渦中では、そのステップについてあまり深く考えたことがありませんでした。

娘が 3歳位のころひとりでぶつぶつと。。。絵本を読んでいるのを見て感動したのですが、どうやらこれは子どもの素晴らしい記憶力による暗唱だったようです。私自身も祖父の話で「○○ちゃん(私)が小さい頃、ひとりで絵本を読んでいたから驚いてじーっと見ていたんだよ。よく見たら本を上下逆さに持っていたの。この子は神童だ!とおじいちゃんは思ったよ」という微笑ましいエピソードがあります(笑)

後に勉強して保育士免許をとったり、児童英語講師をしたりと、現場や勉強した本の内容から、自分の娘もこんなステップを踏んできたのかな、と振り返りながら、読めるようになるステップについて考えてみたいと思います。

個人差はありますが、5歳ごろには子どもは日常の生活に不自由ないレベルの言語力を身につけています。日本語は文字と音声が一致している言語ですから、ひらがなの読みを覚えれば、「あさがお」と書いてあるものを「あ、さ、が、お」→「あさがお」と読めるわけです。そして「あさがお」とは何かを知っているから理解できるのです。入学前の年長さんの生徒に「お母さんがお迎えに来るまで一緒に読もう」と絵本を読んだときに、その子が覚えたてのひらがなを一字一字読み上げて、このプロセスを行っていたことが印象に残っています。(英語を教えにその幼稚園へ行っていたけれど、ここは日本語の本)

しかし英語ではそうはいきません。「dog」と書いてあるのをそのままアルファベット読みをすると、「ディー、オー、ジィー」と読むことになってしまいます。そこで英語の音「Phonics」フォニックスの出番です

フォニックスのことを「アブクド読み」なんて言い方も聞いたことがあります。文字の名前= エィビィースィー 、文字の音=アッブックッ ということです。

A.J. Jenkins さんの Phonics Song で 繰り返し出てくるフレーズ「The names of the letters are エィビィースィー, The sounds of the letters are アッブックッ」→ 文字の名前が エィビィースィー、文字の音が アッブックッ (これが xyz まで続く)まさにこれです。

KidsTV123 というYouTubeチャンネルで聞くことができます。他にもおうち英語に役立つ動画やワークシートもここにはたくさん。Phonics Song は検索すれば他にも色々と出てきますが、個人的にメロウなこのギターソングがお気に入りです。コードも簡単なので楽器をする人は自分で弾き語ってもいいですね。

a, a, apple. b, b, ball…『ア、ア、アプォ。ブッ、ブッ、ブォーゥ』(片仮名で書くのは無理がある(笑)) 大抵 頭文字から始まる単語とセットで、フォニックスを学習していきます。英語のクラスではフラッシュカードを使ったり、歌で覚えたり。子どもが楽しく学べるように、『P – プッ、ピカチュウ! P – プッ、プリキュア!』アレンジを効かせたりとここは先生のアイデアが光ります。

以前にも紹介した Starfall というサイトはPhonics から読みにつなげるのに使えるサイト。アルファベットの文字をクリックすると、その文字の音が聞けます。文字と音との橋渡しができれば 次の段階へ

しかし娘にはフラッシュカードやその他、学習的な指導をしたことがありません。小さい頃、輸入の玩具でアルファベットのボタンを押すと音が出るおもちゃで遊んでいたので、それで覚えたのかな。。。と推測しました。そして 3文字の言葉 「3 Letter Words」 というカードゲームでよく遊んでいたのです。背景に絵があるc, o, w のばらばらのカードをパズルのように並べると、cow = 牛の絵になるという簡単なゲームです。遊びの中から自然と吸収していたようです。

アルファベット26文字と音の橋渡しの次には、色々なフォニックスの法則があります。Starfall のサイトで親子で遊んで学ぶのもいいですし、探せばフォニックスを学べるワークブックや書籍はたくさんあります。インターネットのサイトから無料でプリントアウトできるものも。「Phonics Worksheets」と検索をかけてみると色々でます。日本におけるフォニックスの第一人者 松香洋子先生の本やサイトもとても興味深く、発音記号しか習わなかった世代の私には学ぶことの多い面白いものでした。

次に英語の読みにおいて重要と言われているのは、サイトワード「Sight Word」です。文字通り、sight(視覚)目で見て理解すべき、最重要単語。

Sight Words には Dolch 博士 と Fry 博士 の二人の博士のリストが有名です。First 100 Words であったり、年齢・学年(grade)であったり、Sight Word Lists はたくさん存在します。これも検索すると色々出てきます。

スクールだったらこのリストを壁に貼って使うところもあるでしょう。アルファベット、数字、曜日や 色の名前、と並べて。。。

自宅を教室風にするのも一つの方法ですね。

私はしませんでしたが。

あまり難しく考えなくても

「Phonics」も 「Sight Word」 も全て親子で本を楽しむことで解決します。

★Sight Word Readers ★Phonics Reading Program

試しにこの2つを検索してみてください。サイトワードを使ったストーリー、フォニックスを読みながら学べる内容の本が色々見つかります。(→たまにこのフォニックスをやりたい意図が強くてお話的に無理矢理?いやいや、Readingのプロがお話を考えているんだから、ついていきましょう(笑))

我が家は娘の好きなキャラクターDora やCliffordの本を探していて出会ったのですが、これらの本を楽しんで一緒に読んでいただけで、読めるようになっていったのでした。

これらの本を作っている SCHOLASTIC 社 実に様々な本を出している大手ですが、「Scholastic Reader」 というレベル別のシリーズがあります。楽しみながらレベルを上げていくと、階段を上がるようにどんどん長く複雑な文章が読めるようになっていくシステムというわけです。

他にこの階段を上がるようにレベルを上げるReading シリーズをいくつか紹介します。このタイプのシリーズはペーパーバック調で薄く安価です。(1冊500円位)

All Aboard Reading・ Picture Reader – GROSSET & DUNLAP

Step into Reading – RANDOM HOUSE

I Can Read! – Harper Trophy

DK Readers – DK

これらのシリーズは最終レベルに「The perfect bridge to chapter books」「Ready for Chapters」と書いてあり、次のステップ Chapter Books・章のある長いお話 が読める力がついているよ、ってことになっています。

でも自分の娘の場合、この階段を探して上り、読めるようになった、というわけでもないのです。トラディショナルなハードカバーの絵本、好きなキャラクター(ディズニーやバービーなど映像から入ったものも)の本、動物や自然、お友達との関係や習い事のバレエといった、実際の生活で興味のあることがきっかけで、読む本の幅がどんどん広がっていったのです。

階段を一歩づつ上ったというよりは、上がったり下がったり、横に斜めに移動したり、

階段の上で遊んでいたような感じです。

プレスクールで働いていた時に、「Guided Reading」という指導法に出会いました。【先生一人が少人数のグループの生徒について一緒に本を読んでいく。グループの生徒のReadingレベルは同じ位で先生がレベルに合った本を選び、一人1〜2ページづつ交代で音読していく。先生は発音などきちんと読めているか見守りつつ、途中質問なども交えながら読み進める。15〜20分で1セッション終わり、最後に内容や感想をグループ皆で話し合う。

うーん、これだ!と思いました。これは寝る前のベッドタイムストーリーもしかり、無意識に家でやっていたことだったんですね。おうち英語・親子英語・バイリンガル子育てをされている家庭では皆さん日常にされていることかもしれません。

私が『おうち英語は最高で最強』って思う理由のひとつです。子どものそばにいる親だからこそ、よく観察して子どもの興味のあることを広げたり、掘り下げたりできることがあります。

Chapter Books 以降の話はまた別の機会に。

Thank you for reading ! & Happy Reading!

#おうち英語 #親子英語 #バイリンガル子育て #バイリンガル教育 #英語教育